2012年04月13日

2012形成外科学会へ行ってきました

こんにちはDr.トームです。

第55回日本形成外科学会総会・学術集会が2012年4月11日(水)〜13日(金)まで行われており、
本日も含めて3日間参加してきました。
会場はニューオータニホテルでした。
P1010531.JPG

P1010528.JPG

一個人開業医としては、三日間診療を休むのは非常に気が引ける面もありますが、毎年この総会には出席するようにしています。
それは、学会で得た新しい知識や治療方法を患者さんに還元する目的も兼ねているので、実際の診療を休んでもメリットがあると考えているからです。


本日は、私の発表もありました。
発表内容は、
「FUE(Fullicular Unit Extraction 毛包単位採取)を用いたまつげの植毛」
です。

これはまつげの植毛を行う際に、後頭部を切開せずに毛髪を採取する方法で、ほとんどどこにも傷跡が残りません。

しかも抜糸の必要もありませんので、一回手術に来れば抜糸のために来院する必要はありませんので、受ける方にとってもメリットのある手術です。

ところが、まつげの植毛のおいては、このFUEという方法は現在ほとんど用いられていません。

今回の学会では、この手技や私が実際に工夫している点などを含めて発表してきました。

P1010524.JPG
posted by Dr.トーム(白澤 友裕) at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 学会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56165748
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック